川尻善昭公式サイト

トーク

『D』のキャラクターはずいぶん悩みました 箕輪豊 INTERVIEW with STAFF

※このインタビューは2001年に行われました。

 マットハウスでの最初の仕事は『ロードス島戦記』のサブデザインで、作画補佐みたいな仕事もしてました。『ファイブスター物語』の繋がりで、結城(信輝)さんから電話がかかってきて「今度『ロードス島戦記』つてやるんだけど、どう?やってみない」つて言われて、夜中、自転車走らせて打ち合わせに行ったんです(笑)。

 今ではもう新しいフロアに移りましたけど、当時はとにかく「散らかってるな~!」つてのが第一印象で(笑)。まあ、今では自分の机が一番ひどい状態なんで、言えた立場じゃないんですけど。マッドハウスは、思っていたのとはだいぶイメージが違って、けっこうアバウトな現場で。『ロードス』も、プロデューサーや監督、デスクにさえ会わすに、「じゃあ、お願いします」つて決まってしまったんです。

 僕の中ではマッドハウスつていうブランドは絶対的なものがあったんで、当時はそこで仕事しているっていうのがちょっと信じられなかった。「俺がマッドハウスでやっていいんか?」つて。

 『ロードス島戦記』の次が『獣兵衛忍風帖』の作画監督で、これはマッドハウスの社長からお話があって。でも、僕にしてみれば、相手は川尻(善昭)さんじゃないですか。ちょうどアニメーターになったばかりの20歳の頃、『妖獣都市』や『迷宮物語』とか見て「すごいなあ」と思ってた人ですから。『ロードス島戦記』をやってた時も、川尻さんと、直接喋ったこともなかったし。

 だから、最初は僕もビビつて、「ちょっと考えさせて下さい」つて言って返事延ばしてたんです。そしたら、しばらくして川尻さんがやってきて、「ちょっと、ちょっと」つて奥に呼ばれて、「どうかな?」って。「これはもうやるしかねえな」って思いましたね。
 
 そういうふうになる前に、川尻さんの次の作品だということで『獣兵衛忍風帖』の初期デザインは見ていて、『ロードス』のスタッフと一緒に「時代劇だ!カッコイイー!」と言ってたんです。子供の頃、黒渾(明)作品を見たり、テレビの時代劇も大好きでしたから。アニメでは、りん(たろう)さんの『佐武と市捕物控』とか、もちろん『カムイの剣』、『浮浪雲』の川尻さん作画の竜馬暗殺のシーンとかを見て「カッコイイなあ」と思ってました。いつか時代劇がやりたいという気持ちはすごくあったんです。

 『獣兵衛忍風帖』は、一応クレジット上では僕がキャラクター・デザインになってますけど、もともと川尻さんのラフがちゃんとあるんです。他の方もスケッチされてるんですが、最終的には川尻さんがイメージを固めて、方向性は定まっていた。僕はそれを描き起こしただけなんです。だから、『獣兵衛忍風帖』のギャラは、基本的には川尻さんで、ほんの少し僕のテイストが入ってるだけです。

 かえって『バンパイアハンターD』は、川尻さんのスケッチもあるんですが、割と好きにデザインさせていただきました。任せてはもらったんですけど、やはりつらかったですね。もともと天野さんの絵があるじゃないですか、それだけでもプレッシャーなのに。天野さんのイラストも初期の頃の『D』と今の『D』とでは違いますし、いつの時期の絵をもとにするのか、とか、川尻テイストとのバランスをどうやって取るか?そのあたりでずいぶん悩みました。
 
 当時の『D』のスケッチが「腕だけ」とか「脚だけ」とか、なんか、なんかダーっと何十枚も残っているんですよ。見て、自分でも何やってたんだかよく解らない。なに考えてたんでしょうね。

 川尻さんは作画出身ですし、自分が欲しい絵、イメージがちゃんとありますから、今でも「これでなっとくしてもらえているのか?」という不安はありますね。仕事で求められている絵柄は別にして、僕自身はどちらかというと線にニュアンスのあるタッチの方が好きなんです、昔の『タツノコ作品』とか『タイガーマスク』とか。作品でいえば、”出崎・杉野アニメ”!! もうただのファンですよね。

 やっぱりアニメでも、大事なのは『お話』だと思うんですよ、ストーリーがダメだったら、いくら絵がきれいでもしょうがない、極端な話「絵はどうでもいい」って思うぐらい。とにかく、人間形成期に”出崎・杉野アニメ”を見まくりましたから、影響はデカイですね。今まで生きてきた30何年かのうち、20年近くはファンだったわけで、まだそちらの期間の方が長いんです。

 あと5年ぐらい生きたら、ようやくバランスがとれるのかもしれません(笑)

※『マッドハウスに夢中!!』から関係者のみなさまのご厚意により転載させていただきました。(初出:『マッドハウスに夢中』)2001年7月7日発行 オークラ出版

箕輪豊 プロフィール
 1965年生まれ、新潟県出身。アニメーター。参加作品:『ファイブスター物語』(作画監督補佐)、『クレオパトラD.C.』(原画)、『 ロードス島戦記』(サブキャラクターデザイン・13話作画監督)、『銃夢』(作画監督補佐)、『獣兵衛忍風帖』(キャラクターデザイン・作画監督)、『MEMORIES episode2 最臭兵器』(作画監督補佐)、『劇場版X』(作画監督補佐)、『バンパイアハンターD』(キャラクターデザイン・作画監督)、『THE ANIMATRIX プログラム(キャラクターデザイン・作画監督)、『アイアンマン:ライズ・オブ・テクノヴォア』(デザインワークス・作画監督協力)、『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』(プロップデザイン・キャラクターデザイン協力)など