川尻善昭公式サイト

ニュース

原点となったアニメ体験の思い出を交えつつ、クリエイターが自身と自作を振り返るインタビュー、 バンダイチャンネルクリエイターズ・セレクションに川尻善昭監督が登場。
プロを目指すきっかけとなった衝撃の作品、原点となったアニメ体験の思い出、自作にまつわる貴重なエピソードなどなど、川尻善昭監督の秘密に迫ります。

『獣兵衛忍風帖』『バンパイアハンターD』で世界的に評価されているベテラン川尻善昭監督は、虫プロダクション出身のアニメーターとしても著名で、『妖獣都市』以後ハードボイルドで大人のムードたっぷりの娯楽アクション作を提示。幅広い観客層に通じるエンターテインメント性で、海外では日本を代表するクリエイターとして認知されています。さらに近年では『カイジ』や『ちはやふる』など、やはり一般的な娯楽性の高い作品に絵コンテで参加。その幅広い娯楽性の原点とは、どういう体験から生まれたのでしょうか。そしてその作風は、どんな方法論に支えられているのでしょうか? 世界的クリエイターの姿勢とワザを、インタビューでじっくり浮き彫りにします!

(バンダイチャンネル クリエイターズ・セレクション Vol.16より)

バンダイチャンネル クリエイターズ・セレクション Vol.16
http://www.b-ch.com/contents/feat_creators_selection/index.html