川尻善昭公式サイト

アーカイブ

魔界都市<新宿>《監督 絵コンテ キャラクターデザイン》 1988年度作品 OVA

作品紹介

 菊地秀行のデビュー作をアニメ化。『妖獣都市』に続く、菊地秀行原作・川尻善昭監督コンビの第2作目である。ライトノベルのルーツとも言える正統派ジュブナイルストーリーの原作を、前作『妖獣都市』の持つエロス&ヴァイオレンスとはまた別のキレのある作画と深青・真赤と光・陰の川尻ワールドで映像化しつつ、妖奇な世界設定の中に存在する正統派ヒーローの少年と疑いのない可憐なヒロインの少女との恋物語を見せていく。今、見ても決して古さを感じさせない、まさに伝奇活劇アニメのルーツと言える。ミドルティーンに是非見て貰いたい作品。(T.meiri)

ストーリー

「魔界都市へ行ってください。あなただけが最後の希望なのです」
 魔震(デビル・クエイク)と呼ばれる謎の大地震によって壊滅し、生じた亀裂によって外界と隔絶され、奇怪と魔物がはびこる犯罪都市となった<新宿>。魔導師レヴィ・ラーはかつては念法の優れた使い手だったが、魔界都市<新宿>の力を取り込み凄まじいパワー得て邪悪の魔導師となった。そして、かつての盟友・十六夜弦一郎を倒し、全世界を魔界と化すために10年の眠りについた。
 ライ老師はラーの野望を阻止するために、弦一郎の一人息子・十六夜京也にラー打倒を託す。十六夜京也はレヴィ・ラーに使える三人の魔人イン、水鬼、土鬼と対決しながら、父ラマ・コズミ主席を救うために単身魔界都市に潜入した少女・さやかと共に、弦一郎が愛用した木刀「阿修羅」と念法で、ラーとの戦いに挑む。

予告編



スタッフ
原作:菊地秀行(朝日ソノラマ刊)
監督・キャラクターデザイン:川尻善昭
作画監督:恩田尚之
脚本:岡村香織
美術監督:池田祐二
撮影監督:石川欣一
音楽:篠田元一
音響監督:三間雅文

キャスト
十六夜 京也:堀秀行
ラマ・さやか:鶴ひろみ
レヴィ・ラー:小林清志
チビ:頓宮恭子
メフィスト:屋良有作
十六夜 弦一郎:銀河万丈
ライ老師:永井一郎
情報屋婆:青野武
男:戸谷公次
イン:向殿あさみ
水鬼:龍田直樹
土鬼:掛川裕彦