川尻善昭公式サイト

アーカイブ

電脳都市OEDO808《監督 絵コンテ キャラクターデザイン》 1990、91年度作品 OVA

作品紹介                             

『電脳都市OEDO808』セル画イラスト

-近未来サイバーパンクの世界・電脳都市OEDOに起こる電脳犯罪に、三人の機動刑事センゴク・ゴーグル・ベンテンたちは十手を手に立ち向かう-
 西暦2808年。電子的な進化を遂げた日本の中心はOEDO《Oriental Electric Darwinism Oasis》と呼ばれていた。地上には頭脳をもった8階層の摩天楼が林立し、あらゆる作業がコンピュータによってコントロールされたOEDOには、高度で複雑で凶悪な電脳犯罪がはびこっていた。電脳警察は対抗するために優れた能力を持ち、高軌道刑務所に服役していた懲役300年超の犯罪者を選び、特殊猶予扱いで釈放し、犯罪者を狩らせる犬・機動刑事に仕立てた。小型爆弾が仕込まれた取り外し不可能な「首輪」と呼ばれるリングを装着させられた彼らは、当局側の手先として働くかわりに手柄に応じて減刑され自由の身となれるが、当局の指令に背いた場合はスイッチひとつで「首輪」もろとも爆殺される。センゴク・ゴーグル・ベンテンの三人の機動刑事たちは、再び自由となるために、己の誇りを貫きながら凶悪な電脳犯罪に共に戦いを挑む。1990年に小説、OVA、1991年にゲームとメディアミックス展開されたSFハードボイルド作品。

ストーリー                               

 Vol.1 古の記憶(メモリー)
 電脳摩天楼のメインコンピュータがハックされ、機能を停止した。ナンブルガーと十手を手に潜入したセンゴクが見たものとは…。

 Vol.2 囮の機構(プログラム)
 かつての犯罪パートナーと再会したゴーグルは軍の機密をハックしてしまい、軍の新兵器サイボーグと戦うことになるが…。

 Vol.3 紅の媒体(メディア
 300年前に凍眠施設で受けたウイルス実験で不老不死となってしまった女性が吸血鬼事件の鍵を握る。ベンテンは彼女を追うが…。


登場人物
センゴク(声 - 石丸博也)
本名は千石旬介。25歳。身長183cm。電脳犯罪者を狙う賞金稼ぎ。電脳警察保安隊をめぐる事件に巻き込まれ、保安隊を壊滅させたため無期懲役・高軌道刑務所行きの罪を負い、機動刑事となる。ナンブ・ルガーが愛用銃。

ゴーグル(声 - 玄田哲章)
本名は蛾眉丸力也。28歳。身長202cm。かつてはボクサーでスーパーヘビー級世界チャンピオン。リングネームはモスゴング。そのごつい体格に似合わずコンピューターハッキングを得意とし、機械工学の博士号を持つ。機動刑事となる。

ベンテン(声 - 塩沢兼人)
本名はメリル・柳川。23歳。身長178cm。女性のような外見だが男性である。A級電脳犯罪賞金首で長谷川により逮捕され、機動刑事となる。変装が得意。

デカチョウ(声 - 若本規夫)
本名は長谷川十蔵。電脳警察電脳犯罪捜査局局長。42歳。身長175cm。OEDOの電脳犯罪対策として、服役中の電脳犯罪者を機動刑事に仕立て、実績に応じて刑期を短縮するシステムを作り上げる。

オキョウ(声 - 堀江美都子)
本名は城之内京子。21歳。身長165cm。センゴク達のバックアップを担当。警察学校を卒業して交通課に配属希望を出していたが機動刑事部に配属となった。肝心なところで間が抜けていて、よく事件や事故に巻き込まれる。


スタッフ
原案 六月十三
監督 川尻善昭
脚本 遠藤明範
キャラクターデザイン  川尻善昭、浜崎博嗣、三原三千雄、小曽根正美
作画監督 浜崎博嗣(Vol.1)、三原三千雄(Vol.2)、小曽根正美(Vol.3)
メカ作画監督  小池健
設定デザイン 渡部隆
美術監督 青木勝志
撮影監督 石川欣一
音響監督 本田保則
音楽 KAZZ TOYAMA


絵コンテ

川尻善昭監督が自ら描いた絵コンテを掲載


作品資料集

キャラクターデザイン、メカデザイン、色見本などの貴重な作品資料を掲載


メディアミックス

予告編

© マッドハウス